料金表

Tel092-623-0203

自由診療の料金は以下をご参照ください。
表示はすべて税込です。

ED

バイアグラ50mg 1,500円
シルデナフィル50mg(バイアグラのジェネリック)  750円
レビトラ20mg  1,500円
シアリス20mg  1,800円

別途診察代+処方料として1000円かかります。(初診時・再診時ともに)
また初診時に診察のみの場合は3,000円になります。

 

AGA

プロペシア1mg・28錠入り 8,000円
フィナステリド1mg・28錠入り(プロペシアのジェネリック)  4,200円
フィナステリド1mg・140錠入り(プロペシアのジェネリック) 21,000円

AGAにつきましては診察代・処方料は不要(2016年12月現在)

 

性病検査

こちらは自費診療の場合の料金になります。健康保険をお使いの場合は概ね3割負担となります。

淋病+クラミジア(尿を用いた検査) 8,000円
淋病+クラミジア(唾液(うがい液)を用いた検査) 8,000円
淋病+クラミジア(膣分泌物を用いた検査) 8,000円
エイズ+梅毒+B型肝炎+C型肝炎(血液を用いた検査) 8,000円
上記尿+唾液検査 11,000円
膣分泌物+唾液検査 11,000円
上記尿+血液検査 13,000円
膣分泌物+血液検査 13,000円
尿+血液+唾液の全て 16,000円
膣分泌物+血液+唾液の全て 16,000円

診察代及び検査費の料金となります。
結果判明後のお薬代・診察代は別途必要です。
上記全て消費税は不要(2016年12月現在)

 

非淋菌性の尿道炎・膣炎、非クラミジア性の尿道炎・膣炎

非淋菌性・非クラミジア性に対するマイコプラズマ及びウレアプラズマ検査 10,000円

尿道炎及び膣炎の原因は淋菌とクラミジアがほとんどですが、その次に多いのがマイコプラズマやウレアプラズマです。
当院では自由診療(自費)で以下の検査が可能です。

  • 1マイコプラズマ・ホミニス
  • 2マイコプラズマ・ジェニタリウム
  • 3ウレアプラズマ・パルバム
  • 4ウレアプラズマ・ウレアリチカム

尿及び膣分泌物での検出が可能です。
診察代+検査費(4種全て)で10000円となります。
ただし再診やお薬代は別途必要です。
消費税は不要です。

 

LOH症候群(男性更年期障害)

男性ホルモンである“テストステロン”の低下に伴う集中力の低下・無気力・不眠・うつ傾向・EDをきたすLOH症候群に対し検査・診断・治療を行ってます。

1.診断・検査のみ 8000円
2.ホルモン補充療法 一回につき3000
3.定期的なホルモンレベルのチェック(36ヶ月毎必要) 一回につき5000

(全て消費税込み)

尚、上記1・3はホルモン日内変動を避ける為必ず午前中の受診をお願いします。

 

GID(性同一性障害)

診察代+ホルモン投与1回 3000円

当院ではGIDに対し男性ホルモン補充療法を行っています。
ただしGIDガイドラインに則り精神科でのGIDの確定診断が必要です。
(本人の趣向や職業上で男性ホルモン補充を希望される方へは行っておりません。)
また治療に伴うホルモンレベルの測定や副作用チェックを4~6ヶ月毎行う必要があり
別途検査費として3000円程度必要となります。

Tel092-623-0203
TEL:092-623-0203